×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
ABOUT
DIARY
TOPIC
MUSIC
MOVIE
BBS
LINK
ドラマ (た〜わ)
■ LIST ■

□ あ
□ か
□ さ
□ た
チェルシー・ホテル
チェンジング・レーン
蝶の舌
デッドマン・ウォーキング
10日間で男を上手にフル方法
ドニー・ダーコ

□ な
ナッシング
ナチュラル・ボーン・キラーズ
21g
ノーマンズ・ランド

□ は
ハイ・フィデリティー
バスキア
バリー
ヒューマン・ネイチャー
評決の時
フィフティー・フォー
ブリジット・ジョーンズの日記
ブルー・クラッシュ
ベッカムに恋して

□ ま
マイ・ビューティフル・ジョー
マルコヴィッチの穴
モーターサイクル・ダイアリーズ

□ や
□ ら
ラン・ローラ・ラン
リード・マイ・リップス
レクイエム・フォー・ドリーム
ロスト・イン・トランスレーション
ロックストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

□ わ


チェルシー・ホテル
数々の著名人が滞在したとされる、ニューヨークに実在するホテルを題材にした作品です。ストーリーは無いに等しく、そこに滞在する人々の様々な人間模様をコラージュ的な手法で描いています。起承転結が欲しい映画好きには、物足りないかも知れませんね。と言うか、自分にも物足りませんでした。イーサン・ホーク監督に一言、初監督作品にしては飛ばし過ぎ。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★☆☆☆ すべてのシーンが並列で撮られているので、山場も無し。



チェンジング・レーン
ベン・アフレック扮する弁護士の不注意により、人生を狂わせられた男の奮闘活劇(大袈裟ですが)です。人間の道徳をテーマに据えた作品ですが、それにしてはあまりに幼稚な内容で、子供のケンカとも言える展開に多少驚きました。サミュエル・L・ジャクソンは、相変わらずの熱演振りですが、これだけ沸点の低いお話だと役者も可哀想ですよね。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★☆☆☆ 思わず同情してしまう。

蝶の舌
戦時下のスペインにおける、病弱な子供と優しげな先生との心温まる話となっており、物語の後半には悲しい結末が用意されている事も分かっていながら涙しました。全体的に分かり易く、テンポの良い展開なので飽きずに観られると思いますが、何よりラストが呆気ないのが残念です。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ 子役が可愛い!すいません、こんなコメントで。



デッドマン・ウォーキング
殺人の容疑で死刑が確定している男と、それでも彼を救おうとする尼僧の話です。非常に大きなテーマを私達に投げかけてくる本作は、まさにすべての人に観てほしいと言えます。物語前半は、ショーン・ペン扮する死刑囚に共感できなかったものの、ラストは涙が止まらないというお決まりのパターンに。(ちなみに、この映画にはジャック・ブラックが弟役で出演しています)。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ ショーン・ペン、さすがオスカー俳優。若くても輝いています。



10日間で男を上手にフル方法
話の内容は映画のタイトル通りで、気軽に観れる軽いタッチの作品です。10日間限定で男と付き合う事を公約してしまったケイト・ハドソンと、それに真面目に向き合おうとするマシュー・マコノヒーのドタバタ恋愛劇。最近、肩が凝る映画ばかり観ている人には、非常にオススメです。でも、これを観て喜ぶ男というのもある種問題ですがね。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★☆☆☆ そんな方法が本当に必要なのか?



ドニー・ダーコ
究極のリバースムービーという触れ込み通り、衝撃の展開が待っています。ある日、ドニー・ダーコの前に突然ウサギが現れ、28日後に世界が終わるという予告をされます。半信半疑のまま日々を過ごすドニーですが、着実に運命のカウントダウンは始まっています。と、頭が疲れている時は本当に避けたい作品ですが、物凄く面白いですよ。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ ウサギが怖すぎです。

ナッシング
映画「キューブ」で一躍有名になったヴィンチェンゾ・ナタリ監督が、またもや奇抜な作品を届けてくれました。この作品に登場する男二人は、社会に適合できず、心の底から"世の中の全てが、無くなってしまえばいい"と願う事によって、何も存在しない"無"の世界への扉を開けてしまいます。不思議なストーリーに翻弄されましたが、見終わってみるとほのぼのしました。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★☆☆☆ これほど虚しい結末は無いっす・・

ナチュラル・ボーン・キラーズ
オリバー・ストーン監督のアクション映画とも言えるバイオレンスムービー。殺人鬼カップルを描いており、とにかく人がたくさん死ぬ映画ですが、意外と愛のある結末にただのおバカ映画以上の感動を得ました。ちなみに原案はタランティーノです。な〜んかアホな演出は、全部コイツの仕業でしょう。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ ジュリエット・ルイスのキレタ演技は、誰にも真似できない。

21g
出演する俳優陣の演技力に注目が集まる作品ですが、内容もなかなか秀逸ですね。一つの交通事故を中心に主役の三者を絶妙な時間軸の中で描いています。ナオミ・ワッツやショーン・ペンも相変わらず素晴らしい演技を見せており、物語途中のベッドシーンはリアル過ぎて困りました。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ ナオミちゃんに1000点!



ノーマンズ・ランド
ボスニア軍とセルビア軍の真中に位置する塹壕に、互いに敵対する二人の兵士が迷い込みました。地雷を仕掛けられたセルビア人の負傷者、テレビレポーターなど、次第に大きくなってゆく事態と戦争の悲惨さをユーモラスに描いています。簡潔にまとめ上げた脚本は見ていて新鮮ですし、悲惨な状況でも思わず笑ってしまう演出が含まれています。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ 戦争をここまでコミカルに描く作品は、他に無い。



ハイ・フィデリティー
”アバウト・ア・ボーイ”でも知られる、ニック・ホーンビー原作小説の映画化。ジョン・キューザック演じるレコード屋店長が、自身の恋愛遍歴をロックレコードに結びつけるアホ映画ですね。彼の周りの音楽オタク達(特にジャック・ブラック演ずるバリー!)が、最高に良い味を出しています。音楽に興味があるなら楽しさ倍増ですし、誰しもが楽しめる作品になっています。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ あー、悲しきかな、音楽オタクの生き様。



バスキア
実在の画家であるジャン・ミッシェル・バスキア、激動の生涯を描いた作品です。アンディー・ウォーホルにその才能を見出され、奇抜なアートで世界を虜にした天才アーティストの物語を、あっと驚く俳優陣が熱演。デヴィット・ボウイが演じるアンディー・ウォーホルに何故か苦笑してしまいました。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ 絶対チャンスが来る!私にもいつか・・・。

バリー
ラリークラーク監督による、実在した少年犯罪をリアルに描いた作品。監督の前作"キッズ"同様に、醜い人間像を映し出しており、非常に笑えない内容です。私は"キッズ"の方がまだ好きかな。映画作品という次元を遥かに通り越し、安っぽいアダルト作品のような気もします。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★☆☆☆ 観ていて気分が悪くなります。

ヒューマン・ネイチャー
奇才監督と名高いチャーリー・カウフマンによるおバカ映画(笑)です。幼い頃からジャングルで育った野性人間を、正常な人間に仕立て上げる研究を描いており、コメディータッチの作品でありながら、人間の本質に迫る内容です。仮に自分が野生児だったら、絶対に同じ行動を取るでしょうね。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ やっぱり人間ってモンは、そうなんですよー。

評決の時
ならず者にレイプされてしまった少女の家族、影に潜む大きな組織を相手に、裁判を繰広げる法廷ドラマです。平和な家族に訪れた突然の不幸、あなたならどうしますか?きっと許せないでしょう。だから、泣ける映画なのですが、いまいち話のテンポが悪いのがマイナス。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ 観れば分かるさ、意外と駄作。

フィフティー・フォー
実在のディスコ、スタジオ54を題材にした青春ドラマです。郊外で育ち、派手な世界とは無縁だった男(ライアン・フィリップ)が、どうにかセレブの仲間入りをしようとスタジオに乗り込むのだが...。話がテンポ良く進むので、飽きずに観れると思いますし、エロなシーンが多いのもポイント。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ 何回も言いますが、Hなシーンが多いところ。

ブリジット・ジョーンズの日記
世の女性(男である私にすら)にポジティブな考えを与える事のできる作品だと思います。本物の愛を探し求めるモテナイ女ブリジット(レニー・ゼルヴィガー)が、恋愛を通じて成長していく様は、誰しもが共感できるところでしょうね。観た後も何故か気分爽快な作品でした。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ レニー・ゼルヴィガーが、本当にデブだった。

ブルー・クラッシュ
サーフィンに燃える女達、恋する心もメラメラな青春ドラマ。話の内容は至ってシンプルで面白味に欠けますが、別にそれほど悪くもないです。ちょいと頑張ればそのウチ観終わってるでしょうね。出演する女の子よりも、青い海の方がずっと綺麗だなと思った映画。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★☆☆☆ スポーツだけに集中できないアホ女達へ。



ベッカムに恋して
題名(絶対ヒットしないと思った)が気になる青春ドラマです。ベッカムに憧れるインド人娘が、親の目を盗んではサッカーの練習に明け暮れ、挙句の果てには色恋沙汰に発展するという不思議な内容です。一歩引いた目線で眺めていたのですが、インドとサッカーが結び付かないトコロなどが面白かったように思います。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ インド人女性も人によっては、自分の好みに入ると思った。

マイ・ビューティフル・ジョー
主演のシャロン・ストーン自身も、「こんなに温かい映画は無い」と豪語するヒューマン・ドラマ。ギャンブルに夢中になりながらも、子育てをするシングルマザーが、突然出会った不思議な男に惹かれていくという話。極めて非現実的なラストと、プライベートと変わらなそうな彼女の演技にイライラしました。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ コレ観て、温かくなった人は報告してください。

マルコヴィッチの穴
チャーリー・カウフマンとスパイク・ジョーンズによる奇想天外なストーリーが、抜群に面白いです。説明するのが難しいので、割愛させてください!観て損は無い作品だと思います。唯一の感想は、映画俳優という肩書きが無ければ、こんなハゲたオッサンになりたいわけがないって事です。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ どんな気分なのだろうか?



モーターサイクル・ダイアリーズ
チェ・ゲバラが、如何にして英雄になったかを描いた作品。と思いきや、バイク一台で旅をした若き日々を美しい景色、様々な人種と共に綴った青春物語でした。かなり良い映画のように思うのは、実際の人物をモチーフにした話と、大好きな俳優ガエル・ガルシアの恩恵かも知れませんが、自信を持ってオススメできます!
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★☆☆ 英雄になりたい人は、今直ぐ旅立て!

ラン・ローラ・ラン
どうしてもお金が必要な恋人のためにローラが走る!というシンプルな内容ですが、途中で大きな失敗をしてもスタート地点からやり直せる、要するに時間を巻き戻す事と似た現象が起きるストーリーです。言葉では表現しにくいので、ぜひ観てほしいですね。本編は90分とかなり短い作品ですので、絶対に飽きないで観れると思います。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ 世の中上手くいかないねぇ〜。



リード・マイ・リップス
唇の動きだけで言葉がわかる女と、それを利用しようとする刑務所帰りの宿無し男の危ない話になっています。男は彼女を利用し、ギャンググループの金を横取りしようと企みますが果たして・・・。ストーリーは明解で分かり易く、男と女の絶妙なやり取りも文句なしです。結構オススメですが、どうしようもない男に惚れる馬鹿女に苛立つかも。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ ヴァンサン・カッセル、そんなにカッコイイかな?

レクイエム・フォー・ドリーム
ドラッグムービーです。よくいる麻薬中毒の若者と、気づかぬ内に中毒になってしまったその母親の話を、独特な映像で魅せてくれます。映像が非常に斬新だった点と、母親も中毒になる展開にビックリ、ラストは母子共々無残な末路に...。後味は良くない映画ですね。
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★☆☆☆ 観るべき点は無い。まぁ私が偉そうに言えるモンでもない。



ロスト・イン・トランスレーション
ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンを主演に据えた非常に深く切ない作品に仕上がるハズが、舞台設定や演出において、それを十分に発揮し切れなかったと思いました。ソフィア・コッポラ監督らしいお洒落映像は相変わらず健在ですが、日本人にコレを見せられてもなぁーという感じもします。舞台が別の国であったら、もう少し響いたかも知れないですね。
RECOMMEND この映画のポイント(見所)
★★★☆☆ 盛りを過ぎたオッサン俳優の哀愁を見よ。

ロックストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
ギャンブルで大敗し、50万ポンドの借金をしてしまった四人の男達が、麻薬売人の金を盗もうとするという話。なかなか面白い内容、簡潔なラスト、コメディータッチにも似たギャグセンス、話の分かり易さも文句無しです。何よりもダラダラ長くないのがイイ!
RECOMMEND THIS MOVIE'S POINT
★★★★☆ 面白いように歯車が合う展開。