×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
ABOUT
DIARY
TOPIC
MUSIC
MOVIE
BBS
LINK
JAZZ
■ LIST ■

□ A
Art Blakey&The Jazz Messengers

□ B
□ C
Chet Baker

□ D
□ E
□ F
□ G
□ H
HERBIE HANCOCK

□ I
□ J
JHON COLTRANE

□ K
Keith Jarrett
KENNY DORHAM

□ L
□ M
MAL WALDRON

□ N
Norah Jones
Nicola Conte

□ O
□ P
□ Q
QUINCY JONES

□ R
□ S
SONNY CLARK

□ T
□ U
□ V
□ W
□ X
□ Y
□ Z




JHON COLTRANE
ジャズ初心者にもオススメできるのが、ジョン・コルトレーンの「Ballads」です。少し甘い雰囲気の作風が、一般的なジャズのイメージと合致するのではないか?と思います。初めて聴く人もこれならと思えるはずです。また、彼の作品はライブ盤も合わせるとかなりの数がリリースされていますので、コルトレーン作品の収集からジャズに入っていくのも良いと思います。
ALBUM TITLE RECOMMEND
Ballads ★★★★★
LOVE SUPREME ★★★★☆


SONNY CLARK
彼の大ヒット作「COOL STRUTTIN'」は、かなり聴き易い作品なので、どなたでも親めると思います。様々な楽器を用い、ダイナミックかつ非常にメロディー重視のジャズを聴かせてくれます。ジャズ史上最大のヒット作をその耳で!
ALBUM TITLE RECOMMEND
COOL STRUTTIN' ★★★★★




Norah Jones
近年、ジャズ界期待の新星としてデビューし、米グラミー賞を8部門もかっさらっていった女性ボーカリストです。幅広い年代層にうけた1st「Norah Jones」は、ジャズとしてのクオリティーもさることながら、彼女のスモーキーボイスが最大の魅力と言えるでしょう。ルックスもいいですしね、言う事無しです。
ALBUM TITLE RECOMMEND
Norah Jones ★★★★☆
feeis like home ★★★☆☆



MAL WALDRON
ピアノソロ作品は聴く人を選ぶのではないか?と思います。トリオ、ビッグバンドと比べ、さっぱりし過ぎて張合いが無いという方もいるかも知れません。しかし、彼の「ALL ALONE」における、哀愁感漂うピアノを一度試してから判断してほしいですね。
ALBUM TITLE RECOMMEND
MAL1 ★★★☆☆
ALL ALONE ★★★☆☆




QUINCY JONES
かなり異才なお方ですよね、ヒットメーカーでもあります。彼の"愛のコリーダ"くらいは知っている人も多いはずですが、純粋なジャズとしてはどうかと思います。私は好んで聴いています。「BIG BAND BOSSA NOVA」を聴いても分かるように、ポップス風なアレンジが随所に施されています。耳馴染んだあの曲も、クインシー節で甦ります。
ALBUM TITLE RECOMMEND
THE DUDE ★★★☆☆
BIG BAND BOSSA NOVA ★★★★☆



Keith Jarrett
彼の「The Kern Concert」を初めて聴いた時、地味な作品だなぁと思いましたが、キース・ジャレットが完全即興で弾いたピアノだという事を考慮すると、非常に素晴らしい作品だと感じてしまいました。大音量で聴くと、まるでその場にいるかのように錯覚してしまいました。
ALBUM TITLE RECOMMEND
The Kern Concert ★★★☆☆



Chet Baker
シンギング・プレイヤーとして、非常に名高いミュージシャンである事は周知の事実です。彼の不朽の名盤「sings」は、テンポよく流れるサックスに乗せた彼の味わい深いボーカルが聴けます。数多くのジャズプレイヤー達が、こぞってフェイバリットに挙げていますので、是非一度お試しあれ!
ALBUM TITLE RECOMMEND
sings ★★★★☆




Art Blakey&The Jazz Messengers
簡単に説明するなら、複数のプレイヤーを時代毎に有したジャズバンドです。度々変更されるメンバーにより、音楽性が大きく変化しているのがアート・ブレイキーの面白いトコロで、 一押しはショーター在籍の大迫力サウンドが楽しめる「Buhana's Delight」です。私も勉強中ですが、共にアート・ブレイキー制覇しましょう!
ALBUM TITLE RECOMMEND
Moanin' ★★★★☆
Night in Tunisia ★★★☆☆
Buhana's Delight ★★★★★




HERBIE HANCOCK
マイルス・クインテットの一員でもあり、ソロになってからも独特な感性を持ったプレイヤーとして今でも活躍しています。ジャケのインパクトも抜群なアルバム「Secrets」ですが、曲同士のバラエティーに富んだ印象を受けると思います。マニアには受け入れられそうにない作品ですが、私はマニアじゃないんでこのくらいが調度良かったです。
ALBUM TITLE RECOMMEND
Takin' Off ★★★☆☆
Maiden Voyage ★★★☆☆
Secrets ★★★★☆




Nicola Conte
本国イタリアではDJとして活躍し、数々のミックス作業をこなしてきたニコラ・コンテ。クラブ界隈で知名度を上げてきた彼の2ndアルバム「Other Directions」は、BLUE NOTEレーベルからのリリースという理由もあり純正なジャズに近く、当然の事ながらクラブ・ミュージック的な咆哮は少ないですが、非常に聴き易くて良し!
ALBUM TITLE RECOMMEND
Other Directions ★★★★☆



KENNY DORHAM
ビバップ時代に活躍した名トランペッター、ケニー・ドーハム。彼のカフェ・ボヘミアにて行われた名演ライブを収録した作品「Round About Midnight at the Cafe Bohemia」は、メロディの起伏に富んだ哀愁感漂うジャズが聴けるという点で、代表作「quiet kenny」よりも聴き易いと思います。
ALBUM TITLE RECOMMEND
Round About Midnight at the Cafe Bohemia ★★★★☆
quiet kenny ★★★☆☆