×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
ABOUT
DIARY
TOPIC
MUSIC
MOVIE
BBS
LINK
00's OTHER ROCK
■ LIST ■

□ A
The Arcade Fire

□ B
BEN FOLDS

□ C
CATO SALSA EXPERIENCE

□ D
□ E
□ F
□ G
□ H
□ I
□ J
JET
JUNIOR SENIOR

□ K
□ L
□ M
MANDO DIAO
MARS VOLTA

□ N
□ O
□ P
□ Q
□ R
THE RAPTURE

□ S
THE STROKES
Sigur Ros

□ T
□ U
□ V
THE VINES

□ W
THE WHITE STRIPES
Wheatus
White Light Motercade

□ X
□ Y
□ Z



THE WHITE STRIPES
米国のみならず世界で飛ぶ鳥落とす勢いで売れたアルバム「ELEPHANT」。本国ではHIPHOP等に押され気味の音楽業界ですが、ホワイト・ストライプスのような面白い音楽がまだあるとは驚きですね。ドラマーのメグ・ホワイト、ギタリストのジャック・ホワイトという二人編成で、これほど分厚くブルージーな音楽が出来るなんて素晴らしい!
ALBUM TITLE RECOMMEND
THE WHITE STRIPES ★★★☆☆
ELEPHANT ★★★☆☆




THE STROKES
2000年以降、ロックを最も大いに盛り上げてくれたバンドは、ストロークスに他ならないでしょう。NYから世界に向けて、ガレージリバイバルというムーブメントを作り出した立役者であり、彼らを境に水面下では面白いバンドが次々と生まれていったと言えます。1st「IS THIS IT」では、曲の質は勿論、何かこれからを感じさせてくれる作品だと思います。
ALBUM TITLE RECOMMEND
IS THIS IT ★★★★☆
ROOM ON FIRE ★★★☆☆




THE RAPTURE
メディアからも絶賛されているザ・ラプチャーを紹介します。かつて、これほどまでにダンサブルなロックを聴いた事があったでしょうか?ギター音がそのままダンスミュージックに直結しており、至極斬新な音楽性を露にしています。既に多くのロックファンを虜にしているトラック"HOUSE OF JEALOUS LOVERS"も収録された1st「ECHOES」を是非!
ALBUM TITLE RECOMMEND
ECHOES ★★★★★



MARS VOLTA
元アット・ザ・ドライブ・インのアフロ頭二人組み(セドリックとオマー)によって結成された爆音ロックバンドです。デビュー盤「De-Loused in the Comatorium」では、宇宙的ギター音とシャウトを堪能できます。また一つ上のレベルに進化した彼らのプレイを是非体験してください!
ALBUM TITLE RECOMMEND
De-Loused in the Comatorium ★★★★☆




JET
聴いた途端に、これはロックンロールだ!と分かってしまうバンドです(笑)iPodのCMで起用された"ARE YOU GONNA BE MY GIRL"がココ日本でも大ブレイクしたのですが、それ以上にアルバムはさらに素晴らしいです。ストーンズの影響を色濃く指摘するセスター兄弟も、キャラとして十分過ぎます。1st「GET BORN」、是非!
ALBUM TITLE RECOMMEND
GET BORN ★★★☆☆




BEN FOLDS
前身のバンドであるベン・フォールズ・ファイブでは、独特の感性で奏でられるピアノソングに、心を打たれた方も多い事でしょう。ソロになってからもそれは健在で、まさにピアノマジックと呼べる曲を量産し続けています。待望の1stアルバム「ROCKIN'THE SUBURBS」は、泣きメロ連発の好作品ですよ。
ALBUM TITLE RECOMMEND
ROCKIN'THE SUBURBS ★★★★☆
SONGS FOR SILVERMAN ★★★☆☆




CATO SALSA EXPERIENCE
2ndアルバムの邦題が「カトーの楽しいロック講座」...。大丈夫か??と思いながら、怖いもの見たさで購入したロックバンド。アルバムタイトルとは裏腹に、音の方は勢いのあるガレージロックで、面食らいました。シンプルな初期パンクを手本にしたであろうサウンドは、まさに楽しいロック講座的な試みがみられます!
ALBUM TITLE RECOMMEND
A GOOD TIP FOR A GOOD TIME ★★★☆☆




MANDO DIAO
何故だか日本で異常に盛り上がっているスウェーデン出身の四人組み。そのルックス然り、ビートルズを敬愛するという彼らの抜群に聴き易いメロディーは、日本でウケルのも分かる気がしますね。ロック界における、数多の偉大な先人達をバカにした態度は許せん!と思う方(そんな人いるのか?)ほど、1st「Bring 'Em In」を聴いてほしいと思います。
ALBUM TITLE RECOMMEND
Bring 'Em In ★★★☆☆
HURRICANE BAR ★★★☆☆




JUNIOR SENIOR
デンマークからお届けする、怪しい二人が奏でる激烈ポップサウンドは、最高におバカでハッピーな彼らの存在を世間に知らしめました。煌めくディスコポップ"Move Your Feet"は、自他共に認める愛すべきダンストラックであり、コイツが収録されたアルバム「D-D-Don't Don't Stop the Beat」は、既に多くの方の耳に触れています。
ALBUM TITLE RECOMMEND
D-D-Don't Don't Stop the Beat ★★★★☆



Wheatus
ニューヨークから届けられた一風変わった音を聴かせるパワー・ポップバンド、ウィータス。1stアルバムとなる「Wheatus」では、ヒューイ・ルイスやカーズを代表とした80年代音楽を好むメンバーによる、US産らしい底抜けに明るいポップソングを多く収録しています。
ALBUM TITLE RECOMMEND
Wheatus ★★★☆☆




THE VINES
オーストラリア発、ニューロックの波に乗り届けられたバンド、ザ・ヴァインズ。彼らを語る上で、よく引き合いに出される"ビートルズ"と"ニルヴァーナ"、これら超大物バンドの音楽性を受け継いでいるという事だけで片付けられてしまいがちですが、それ以上に"何か熱いモノ"が感じ取れるバンドです。1stアルバム「Highly Evolved」、是非に!
ALBUM TITLE RECOMMEND
Highly Evolved ★★★☆☆
WINNING DAYS ★★☆☆☆




WHITE LIGHT MOTORCADE
ニューヨーク独特のアート感、まるで英国ロックを聴いているかのようなグッドメロディを鳴らすバンド。個人的には、同出身のストロークスにも匹敵する程のポテンシャルを秘めていると言え、2ndアルバム「Take Me To Your Party」に至っては、楽曲の良さもさることながら、"現代のロック"を感じる事が出来ます。
ALBUM TITLE RECOMMEND
Thank You Good Night ★★★☆☆
Take Me To Your Party ★★★★☆


The Arcade Fire
擬似的オーケストラ、疾走感のあるギター&ドラミングを武器に、独創的な音楽を奏でるカナダの大所帯バンド。1stアルバム「Funeral」を聴いても分かるように、突飛的で掴み所の無い雰囲気ですが、聴き難いという訳ではありません。
ALBUM TITLE RECOMMEND
Funeral ★★★★☆




Sigur Ros
既に"アイスランドから生まれた奇跡の音"という評価を獲得しているバンド、シガー・ロス。天使が囁くようなヴォーカルは、無機質でありながら温かみのあるアンサンブルを醸し出し、徐々に暗闇の中に光が差し込むような錯覚に陥る方もいるかと思いますね。個人的にどの作品も好きですが、アルバム「( )」を推奨します!
ALBUM TITLE RECOMMEND
Von ★★★☆☆
Agaetis Byrjun ★★★★☆
( ) ★★★★★
Takk… ★★★★☆