×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ FOO FIGHTERS ■□     Official

デイヴ・グロール(Vo & G)
クリス・シフレット(G)
ネイト・メンデル(B)
テイラー・ホーキンス(Dr)




元ニルヴァーナのドラマーであったデイブ・グロールが結成したフー・ファイターズ。90年代当初から米オルタナティブシーンを牽引していた彼らですが、作品を重ねる度にロックバンドとしての地位を築き上げました。その人気は確実に定着しつつあり、4thアルバム「ONE BY ONE」では、シングル"All My Life"のヒットを受け、洋楽に閉鎖的な日本においても(珍しく)好セールスを記録しています。

1994年に惜しまれつつ他界したカート・コバーン、その悲しみから立ち直ったデイブは、1stアルバム「FOO FIGHTERS」へ辿り着くまでの紆余曲折を赤裸々に語っています。その才能は突然開花した訳では無い、そんな形容も当てはまるかも知れませんね。







● 「FOO FIGHTERS」 (1995)

1.This Is a Call
2.I'll Stick Around
3.Big Me
4.Alone + Easy Target
5.Good Grief
6.Floaty
7.Weenie Beenie
8.Oh, George
9.For All the Cows
10.X-Static
11.Wattershed
12.Exhausted

SOON・・・

● 「THE COLOR AND THE SHAPE」 (1997)

1.Doll
2.Monkey Wrench
3.Hey, Johnny Park!
4.My Poor Brain
5.Wind Up
6.Up in Arms
7.My Hero
8.See You
9.Enough Space
10.February Stars
11.Everlong
12.Walking After You

13.New Way Home












SOON・・・

● 「THERE IS NOTHING LEFT TO」 (1999)

1.Stacked Actors
2.Breakout
3.Learn to Fly
4.Gimme Stitches
5.Generator
6.Aurora
7.Live-In Skin
8.Next Year
9.Headwires
10.Ain't It the Life
11.M.I.A


SOON・・・

● 「ONE BY ONE」 (2002)

1.All My Life
2.Low
3.Have It All
4.Times Like These (One-Way Motorway)
5.Tired
6.Burn Away
7.Lonely As You
8.Halo
9.Overdrive
10.Disenchanted Lullabye
11.Come Back


SOON・・・