×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ 生涯パンクロッカー THE CLASH ■     Official

70年代パンクバンドの中では、セックス・ピストルズと人気を二分しています。今でも多くの信望者を抱えているザ・クラッシュとカリスマボーカリストであるジョー・ストラマーにスポットを当てたいと思います。
近年、生涯ロックンローラーであったジョー・ストラマーは、惜しまれつつ他界してしまいました。”ジョー・ストラマー追悼”と言う、もはや形式染みた単語を何回も目にしました。どんなに優れたミュージシャンであっても、その命には限りがあります、気に入ったミュージシャンが既にこの世にいないなんて事もありますよね。なので本当に色々な音楽を聴いてほしいです。
ディスコグラフィー
「THE CLASH」(1977)
1.Janie Jones 2.Remote Control 3.I'm So Bored with the U.S.A. 4.White Riot
5.Hate & War 6.What's My Name 7.Deny 8.London's Burning 9.Career Opportunities 10.Cheat 11.Protex Blue 12.Police & Thieves 13.48 Hours 14.Garageland
1977年に記念すべき1st「THE CLASH」がリリースされました。乾いたガレージサウンドに、ジョー・ストラマーの怒りのこもったボーカルが印象的でもあり、私の心にクラッシュの名前を確実に刻みました。まさに暴動と言う名の名盤です。
「GIVE'EM ENOUGH ROPE」(1978)
1.Safe European home 2.English civil war 3.Tommy gun
4.Julie's been working for the drug squad 5.Last gang in town 6.Guns on the roof 7.Drug stabbing time 8.Stay free 9.Cheapstakes 10.All the young punks
2nd「GIVE'EM ENOUGH ROPE」もパンク好きにはカリスマ的な人気を誇るアンセムです。政治性を前面に打ち出した曲もあり、当時のロンドンを強烈な風刺で綴ったナンバーは若者の心を掴んだと思います。人気曲”トミー・ガン”も収録されています。
「LONDON CALLING」(1979)
1.London Calling 2.Brand New Cadillac 3.Jimmy Jazz 4.Hateful 5.Rudie Can't Fail 6.Spanish Bombs 7.Right Profile 8.Lost in the Supermarket 9.Clampdown
10.Guns of Brixton 11.Wrong 'Em Boyo 12.Death or Glory 13.Koka Kola
14.Card Cheat 15.Lover's Rock 16.Four Horsemen 17.I'm Not Down
18.Revolution Rock 19.Train in Vain
3rd「LONDON CALLING」は、ロック史上稀に見る大名盤となりました。レゲエ、ダブが浸透していなかった当時のイギリスにおいて、そのサウンドにいち早く注目したのがジョー・ストラマーでした。それらを効果的に吸収し、持前のガレージサウンドで味付けした革新的とも言える試みは、クラッシュの方向性を導き出したと言えます。名盤中の名盤です。
「SANDINISTA」(1980)
disc1
1.The Magnificent Seven 2.Hitsville U.K. 3.Junco Partner 4.Ivan Meets G.I. Joe 5.The Leader 6.Something About England 7.Rebel Waltz 8.Look Here
9.The Crooked Beat 10.Somebody Got Murdered 11.One More Time
12.One More Dub 13.Lightning Strikes 14.Up In Heaven 15.Corner Soul
16.Lets Go Crazy 17.If Music Could Talk 18.The Sound Of Sinners
disc2
1.Police On My Back 2.Midnight Log 3.The Equaliser 4.The Call Up
5.Washington Bullets 6.Broadway 7.Lose This Skin 8.Charlie Don't Surf
9.Mensforth Hill 10.Junkie Slip 11.Kingston Advice 12.The Street Parade
13.Version City 14.Living In Fame 15.Silicone On Sapphire 16.Version Pardner 17.Career Opportunities 18.Shepherds Delight
4th「SANDINISTA」はアナログ二枚組みの大作となり話題をあつめました。この作品は当時とても高価になってしまい、レコード会社が否定的だったのですが、ジョー・ストラマーは自身の意思を曲げなかったという話もあります。こういう小ネタ的な話がアルバムを聴く上で、スパイスにもなりますよね。アルバムの出来も前作同様に素晴らしいです。
「COMBAT ROCK」(1982)
1.Know Your Rights 2.Car Jamming 3.Should I Stay or Should I Go 4.Rock the Casbah 5.Red Angel Dragnet 6.Straight to Hell 7.Overpowered by Funk 8.Atom Tan
9.Sean Flynn 10.Ghetto Defendant 11.Inoculated City 12.Death Is a Star
5th「COMBAT ROCK」はガイドでオススメしましたけど、クラッシュの作品の中で最もポップな出来映えです。”権利の主張”や”ステイ・オア・ゴー”など相変わらず政治色も強いですが、何と言ってもカルト的な人気を誇る”ロック・ザ・ガスパ”が良いですよね。時代の流れからか、彼らもデジタルに頼ったわけです。
「FROM HERE TO ETERNITY」(1999)
1.Complete Control 2.London's Burning 3.What's My Name 4.Clash City Rockers 5.Career Opportunities 6.(White Man) In Hammersmith Palais 7.Capital Radio
8.City Of The Dead 9.I Fought The Law 10.London Calling 11.Armagideon Time 12.Train In Vain 13.Guns Of Brixton 14.The Magnificent Seven 15.Know Your Rights 16.Should I Stay Or Should I Go 17.Straight To Hell
最後は1999年に発売されたライブ盤「FROM HERE TO ETERNITY」も紹介します。79年のライブを収録した唯一の公式盤です。クラッシュに初めて触れる方は、この作品から買うのはどうかと思いますので、オリジナルアルバムを先に聴いてください。きっと気に入るでしょう。ちなみに、かなり高音質です。

クラッシュが好きならコレもイケルかも♪ ザ・ポリス